新門歯科医院

新門歯科医院 八尾市の歯科,小児歯科,矯正歯科

〒581-0016 大阪府八尾市八尾木北4-7
TEL 072-992-8689(小児歯科)072-994-8021(成人歯科)

八尾駅の新門歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

よくある質問

フッ素塗布は何歳からするのがよいのでしょうか?

歯が生えてから年に2~4回、歯面に塗布するとよいでしょう。特に生えてから2~3年の間は歯が十分に固まっていないので、この時期にフッ素を塗って唾液中のカルシウムを歯面にしっかりしみ込ませてあげることが効果的です。

 

他の子ども達と比べると前歯の表面が茶色くなっているように見えます。むし歯でしょうか?

乳歯の着色の原因は様々ですが、ほとんどの場合は飲み物などに由来する色素の沈着です。その代表的なものが茶渋ですが、茶渋による着色は歯科医師・歯科衛生士による専門的な歯面清掃で簡単に除去できます。ただし、初期のむし歯の可能性もありますので一度受診していただくことをおすすめします。

 

指しゃぶりがやめられません。上の前歯が前の方へ出てきたようで歯並びが心配です。大丈夫でしょうか?

乳児の指しゃぶりは自然と出て来るものですが、あまり長期に及ぶと歯並びやかみ合わせへの影響が出やすくなります。上の前歯が前に出たり、上あごの幅が狭くなったりしますので、できれば永久歯が生え始めるまでにやめさせたいものです。
 しかし、ただ指しゃぶりをやめさせようとしても、3~4歳の子どもでは叱ったり強制的にやめさせると他の癖に移行することもあります。子どもが他に興味をもって楽しめる遊びに誘ったり、おしゃべりや親子のふれあいの機会を増やすことで自然に指しゃぶりの頻度は減ってくると思います。

 

かみ合わせが反対になっています。このままでよいのでしょうか?

程度にもよりますが、歯のちょっとした傾きの違いにより反対咬合になっている場合は、奥歯が生える3歳くらいに自然に治ってしまう場合があります。
 しかし、4歳を過ぎても治らない場合は、その後のあごの骨の成長や食べ方、話し方にも影響が出ることを考えると、乳歯列期にいったん治療した方がよい場合もあります。一度受診されることをおすすめします。

 

舌で上唇がうまくなめられず、舌を突き出すと先端がハート型にくびれます。このまま様子をみていてよいのでしょうか?

舌の運動が制限されたままになっているので、食事や発音、かみ合わせに支障をきたす場合があります。舌の動きをよくするトレーニングをするのもいいと思います。一度受診されることをおすすめします。